クロムハーツ オタク

クロムハーツ(Chrome Hearts)の芸能人、有名人、セレブ等の愛用情報。新作紹介や真贋等の話題も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

クロムハーツのビーズブレスのシリコンゴムを交換してみた

クロムハーツのビーズブレスのシリコンゴムを水晶の線に交換してみた

ビーズブレスレットのシリコンゴムをこの「水晶の線」に変更してみました。
ゴムの太さは「0.8mm」で1本だけ通します。

クロムハーツのビーズブレスのシリコンゴムは2本入りだった

元から入ってたゴムですが、細いゴムが2本入っていました。
1本切れた時の為に2重になっていたようです。

chromehearts-siliconerubber1.jpg

結び目は接着剤のような物で固められていましたが、
これをやると硬化してしまい、結び目の耐久性がかえって低くなるそう。

chromehearts-siliconerubber2.jpg

ゴムにターコイズの石を通していきます。
並び順や玉を数個抜いてサイズを小さくしたりとか自由自在ですね。

chromehearts-siliconerubber3.jpg

最後にキツく結んで、シルバービーズのパーツの中に入れて隠します。
初めての経験でしたが、案外簡単に出来ました。
でも、ちょっと緩くなっちゃった。

0.8mmのゴムはそこそこ太く、いくら引っ張ってもそうそう切れる事はなさそう。
ただ、濡れたままにしたりすると駄目でしょうから、その点は注意かな。
今後はゴムは切れなさそうなので、着用前に毎回結び目を確認すれば
不測の事態は避けられそうです。

ちなみに1mmのゴムでも穴に入りそうでしたが、ゴムが太くなると最後に結ぶのが難しくなるとの事。
逆に0.6mmとかで2重にするのもありなのかも。

なお、今回のゴム交換にあたってはFreaks Marketの店長様に
ツイッターで親切に教えて頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。
ゴムの交換方法等は、前回の記事にリンクを貼っています。
関連記事

 私物のクロムハーツ

 シリコンゴム ビーズブレスレット 水晶の線

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。